calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

categories

archives

全国!

0
    全国2つの出場を果たすことができた。

    出場するからには、地域チャンピンズリーグは上位進出
    全日本選手権はF喰い、勝ち点3以上を目標に挑みます。


    【SuperSports XEBIO 第17回F地域チャンピオンズリーグ 組み合わせ】
    <日程>
    2017年2月17日(金)〜19日(日)

    <Aグループ>
    ・柏TOR'82(関東3/千葉)
    ・カティオーラ AZNA(九州/大分)
    ・Force Futsal Ise(東海2/三重)
    ・SWH Futsal Club(関西1/兵庫)



    【第22回 全日本フットサル選手権大会】
    1次ラウンド:2017年3月10日(金)〜12日(日)

    <グループF>
    F-1・デウソン神戸(Fリーグ / 兵庫県)
    F-2・フォースフットサル伊勢(東海地域第2代表/三重県)
    F-3・ブラッカ ブロッコ(九州地域第2代表/福岡県)
    F-4・府中アスレティックFCサテライト(関東地域第2代表/東京都)



    改めて、2つの全国出場はすごいこと。
    (地域チャンピンズリーグ、全日本選手権)


    これを果たすことができたのは
    応援してくれているスポンサーの後押し
    チームの一体感だと思っています。


    具体的に言うと
    先ずスポンサー。
    決して大きくない、下部組織やスクールもしていないチームですが
    多くの企業様(全7社)がサポートしてくれました。
    この活動は今シーズンから。


    そして、どんな遠い会場でも毎試合駆けつけてくれるスポンサーもいます。

    選手は危機感を持てるし、闘う覚悟もできる。
    やはり後押ししてもらってるのが事実でもあり、今季の結果でもある。

    1人のチームではないし、自分達のチームでもない
    みんなのチームでもあり、応援して頂いる方達のチームでもある。



    次にチームの一体感
    これについては、簡単なようで、難しい。

    色んな一体感があるが、僕の言う一体感はベクトル。


    今年のForceメンバーは選手20人、スタッフ3人の総勢23人。

    正直100%、全員が!とは思っていないし
    これだけの人数がいれば、尚更難しい。

    でも、8割〜9割でベクトルは合ったと確信している。

    6割〜7割では、全国には行けてなかったと思っている。


    全国に行くためには、色んなことが必要。
    練習はもちろん、人間性の成長、選手間のコミュニケーションなど。


    どのチームもこの時期になると
    入団、移籍、引退など様々な問題があると思う。


    僕は、個人を尊重してあげたいので
    移籍、引退などは仕方ないことだと思っています。

    ただ、移籍させない。
    Forceに来てよかったと
    フットサルの部分、フットサル以外の部分で
    現メンバー全員に想ってほしいし、そのように努力はしている。


    数か月先を見るのは選手
    半年先を見るのはキャプテン
    1年先を見るのは監督
    3年先を見るのはチーム代表

    上記が個人的見解。



    さて話は変わって
    殆どのチームがシーズンは終わってるが
    Forceは3月中旬まであります。
    しかも最低6試合はあります。




    このメンバーを幸せを噛みしめて頑張ります。


    全国は目先にあるが、来シーズンの新制Forceも楽しみで仕方ありません。


    でぃ〜
    Force7

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.02.08 Wednesday
      • -
      • 16:55
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする